北九州 まなびとキャンパス"

コンセプト

まなびとESDステーションについてご紹介します。

あつまる、ひろがる、動き出す。

1人ではできないことも、2人ならできる。
みんながあつまれば、もっとうまくいく。
そのことを、喜びややりがいを感じながら
実践を通じて知ることが、
何よりの学びなのだと思います。

北九州まなびとESDステーションがめざしているのは、
地域、企業、大学の垣根をこえて、
学びたい人(まなびと)が自由に集い、学ぶ場所。
まち全体を教室にすることで、
気がつけば、まちづくり、未来づくりを自然と語っているような
人や声、アイデアが行き交う賑やかなステーション。

あつまる、ひろがる、動き出す。

北九州の10の大学があつまって、手を結びました。
教員や学生だけの活動ではもったいない。
そんなおもしろいこと、始まります。
地域、企業、オトナのみなさんも、ぜひ、ごいっしょに。

icon_l_c03icon_l_c08icon_l_c09icon_l_c010

logo_concept

北九州まなびとESDステーションとは…

北九州まなびとESDステーションは、学びたい人が自由に学ぶ場所。まち全体を教室に、だれもが先生に、生徒になれる場所。人があつまり、ひろがり、新しいことが動き出すプロジェクトです。

学びたい気持ちに、
遅いも早いもありません。

北九州まなびとESDステーションは、年齢に関係なく、学びたいひとが自由に集う場所。今さら学んでも…とあきらめる前に、少しのぞいてみませんか。北九州のまちを教室に、ユニークな講座やセミナーを開催。受けてみたい“講座・セミナー”も募集予定です。

このまちでは、
だれもが先生、だれもが生徒。

その人の実体験から生まれる言葉には説得力があります。“生きた学び”に溢れています。だから、大学の教員、まちの人、企業の経営者など、だれもが先生に、だれもが生徒になれる学びの場にしました。違う年齢や立場の人が、教え合い、教わり合える。知的好奇心をくすぐる異世代交流です。

課題が見えてくる、
もっと学びたくなる。

学生や社会人、商店街の店舗のご主人、子育て中のお母さん、企業の経営者など、いろんな人が集まってくる。なにげない会話の一言で、それぞれの課題が見えてくる。きっと、解決のためにもっと学びたくなります。自分のためだけじゃない学び、うれしい連鎖の始まりです。

大学生の成長が、
まちの成長、未来づくりへ。

「ESD」の普及は、ステーションの大きな目的です。「ESD」とは、「持続可能な開発のための教育」を表す英語の略称です。平たく言えば、「だれもが住みやすい社会づくり」。地域活動などの実践的教育を通じて、大学生をこのまちの将来を担う人材へと育成することから取り組みます。まちのみなさん、どうぞご協力ください。