北九州 まなびとキャンパス"

まちの先生

ここは、大学の教員、学生、まちの人、企業の経営者など、
だれもが先生に、だれもが生徒になれる「まなびと」が集まる学びの場です。
ここでは、そんなまちの先生、大学の先生、活動している学生たちを紹介します。

遠山 昌子(一般社団法人生き方のデザイン研究所)

tooyama3

遠山 昌子(とおやま しょうこ)
一般社団法人生き方のデザイン研究所 代表理事・コーディネーター

1968年生まれ。福岡県北九州市出身。地元企業で5年半のOL時代を経て、公益社団法人北九州市障害福祉ボランティア協会で約20年間、コーディネーターとして勤務。主にボランティア活動のコーディネーション、障害福祉を啓発する講座、研修会の企画などを担当。北九州市保健福祉局発行の小・中学生向け福祉・ボランティア学習副読本の編集委員会に参加。市内外の教育機関での参加・体験型授業の企画、提案。退職後、九州大学大学院芸術工学府平井康之研究室のアルバイトを経て、2013年に団体設立。
西日本工業大学デザイン学部(社会福祉論)非常勤講師。インクルーシブデザインの思考で人と社会が育ちあう場づくりに挑戦中。

一般社団法人生き方のデザイン研究所
www.facebook.com/ikikatanodesign

[この活動に携わる学生へメッセージ]
学生の皆さん、自分の夢を大きな声で語ることができていますか?
なんのために生きるのか?なんのために働くのか?考えたり悩んだりする大切な時期だと思いますが、夢を語ることで生き方をデザインするヒントがみつかります。いっしょに夢を語り合いましょう!!