北九州 まなびとキャンパス"

まちの先生

ここは、大学の教員、学生、まちの人、企業の経営者など、
だれもが先生に、だれもが生徒になれる「まなびと」が集まる学びの場です。
ここでは、そんなまちの先生、大学の先生、活動している学生たちを紹介します。

松永 裕己(北九州市立大学大学院マネジメント研究科)

matsunaga
松永 裕己(まつなが ひろみ)
北九州市立大学大学院マネジメント研究科 准教授

1969年、佐賀県生まれ。1998年、九州大学大学院博士後期課程単位取得退学。同年、北九州市立大学へ。2011年より現職。専門は、環境ビジネス、ソーシャルビジネス。

北九州市立大学大学院マネジメント研究科
www.kitakyu-u.ac.jp/k2bs/

[この活動に携わる学生へメッセージ]
持続可能な社会のためには経済活動は不可欠です。しかし、現実には経済活動やビジネスによって、社会的な問題が引き起こされてきた側面もあります。一方で、最近では社会的な課題を解決するビジネスのあり方が注目を集めています。
「環境問題を引き起こすビジネスから、環境改善に役に立つビジネスへ」。
「単にお金を稼ぐビジネスから、社会に貢献するビジネスへ」。
こうした流れが生じています。
では、どうやったらそれが実現できるでしょうか?
一緒に考えましょう。