北九州 まなびとキャンパス"

まちの先生

ここは、大学の教員、学生、まちの人、企業の経営者など、
だれもが先生に、だれもが生徒になれる「まなびと」が集まる学びの場です。
ここでは、そんなまちの先生、大学の先生、活動している学生たちを紹介します。

片田 敏孝(群馬大学 理工学研究院)

katada_picture

片田 敏孝(かただ としたか)
群馬大学広域首都圏防災研究センター長
群馬大学 理工学研究院 教授

 専門は災害社会工学。 災害への危機管理対応、災害情報伝達、防災教育、避難誘導策のあり方等について研究するとともに、地域での防災活動を全国各地で展開。特に、釜石市においては、平成16年から児童・生徒を中心とした津波防災教育に取り組んでおり、地域の災害文化としての災いをやり過ごす知恵や災害に立ち向かう主体的姿勢の定着を図ってきた。平成24年には、防災の功労者として2つの内閣総理大臣表彰を受賞。
 また、内閣府中央防災会議や中央教育審議会をはじめ、国・外郭団体・地方自治体の多数の委員会、審議会に携わり、研究成果を紹介しながら防災行政の推進にあたっている。主な学会活動として、日本災害情報学会理事、日本自然災害学会理事がある。  平成25年1月30日から、本市防災アドバイザーに就任するとともに、「北九州市地域防災計画見直し検討会」及び「みんな de Bousai まちづくり懇話会」の座長を務め、本市防災行政に尽力。

群馬大学 災害社会工学研究室
dsel.ce.gunma-u.ac.jp/katada