北九州 まなびとキャンパス"

レポート

北九州まなびとESDステーションでは、まちなかで様々な活動が行われています。
ここでは、それらの活動のレポートを更新していきます。

【レポート】Ninja & Soldier上演会、トークショー

ベルリン国際映画祭ノミネート作品「Ninja & Soldier」の上演会と、「こどもの未来を考えるトークショー」を開催しました。

このショートムービーはアフリカのコンゴの少年兵について制作されたもの。
この映画のプロデューサー
袋康雄氏
少年兵問題に向き合い活動を続けているNPO法人ララ・ルネッサンス創設者
鬼丸昌也氏
のお二人にお越しいただき北九州市が主催で開催しました。

左側が袋氏 右側が鬼丸氏

左側が袋氏 右側が鬼丸氏

コンゴは過去20年の間に内戦や飢餓で第二次世界大戦後最も多い540万人が亡くなっています。
内戦が終了した今も、互いの利権をかけた争いは続いています。その争いの戦力として、その素直さから少年が、村でさらわれ少年兵として戦いの道具として使われています。

その戦いの原因の1つがレアメタルの争奪です。我々が普段使っている、PCや携帯電話の部品が、地球の裏側の悲劇を生んでいるのです。
20100606-childsoldier(komakechi)

世界の少年兵の自立支援を行っているNPO法人ララ・ルネッサンス。
その創設者の鬼丸氏は言います。「最も大切なのは希望である。希望とは、自らの役割があり、いつかその役割を果たすための舞台が来ると信じられることである」
今回の講座を通じて
・自分の今の選択が、世界や、未来にどのような影響を与えているかを考える想像力を持つことの大切さ
・だれかのためになることが人生の豊かさにつながるということ
を教えていただきました。

コンゴの実情を語る鬼丸氏

コンゴの実情を語る鬼丸氏