北九州 まなびとキャンパス"

レポート

北九州まなびとESDステーションでは、まちなかで様々な活動が行われています。
ここでは、それらの活動のレポートを更新していきます。

まなびと講座 スタート!

複数の大学の先生による全15コマ(2単位)の講座を
5日間で行うプログラムがスタートしました。
10312576_232068296991738_8985850040552123494_n

この講座全体のテーマは
“微力だけど無力ではない僕たちが考える100年後の未来”
今回の特徴は、
1)複数の大学の専門分野を学びながら
  1つのゴールに向かって進んでいくこと
2)同じチームのメンバーで学び続けていくこと
の2つです。

◆1日目 北九州市立大学
テーマは「世の中の複雑性の理解」
企業で行われている研修を学生向けにアレンジして実施しました。

◆2日目 5/31 九州女子大学
テーマは「子供たちから借りている地球」
ネイチャーゲームといった体感型の授業で
実はそんなに大きくない地球のはかなさについて学びます

◆3日目 6/14 九州栄養福祉大学
テーマは「みんなが住みやすい社会」
障がい者の視点から社会を見ることで、ありたい社会や
まちについて考えます。

◆4日目 6/28 西南女学院大学
テーマは「豊かに楽しくたべること」
普段食べている食事のことや、未来に残したい食文化
を考えます。

◆5日目 7/5 北九州市立大学
100年後の未来の発表会!

初日の今日は、「自分の理想のお葬式」について考えて
今の延長に幸せはあるのか? 後悔しないために何をすればいいのか?
を語り合いの中で、考えました。
10347064_232068580325043_5010289679615059822_n

学生によるプレゼンも行ってもらいました。
「本気で頑張ることで、多くの人を巻き込み
一人では決してできないことをやりとげた」
野瀬さんの経験談を聞き
微力だけど無力ではないってどんなことかを考えてみました。
988860_232068506991717_4115933899448940684_n

講座終了後、
「世界平和のために自分は絶対発展途上国に学校を創る!」
と熱く語る一年生の前田くん
DSC07766

あなたは何者?の問いに
多くの学生が「幸せ者」と無邪気に笑う姿や
未来に向けて、「ひとのためになりたい」という会話に
元気と勇気をいただきました。
日本の未来は明るいを感じた1日でした。