北九州 まなびとキャンパス"

レポート

北九州まなびとESDステーションでは、まちなかで様々な活動が行われています。
ここでは、それらの活動のレポートを更新していきます。

WeLove小倉夜会 第六十二夜

幸せ収納でみんな幸せ!

夜会第六十二夜は幸せ収納インストラクターの山志多涼子さんでした。
山志多さんは家族が幸せになる幸せ収納インストラクターの他に子育ち応援セラピストとしても活躍されています。
そんな山志多さんには「誰にでも実践できる片づけ」のきっかけづくりや、あかちゃんの様々な問題を改善する方法をお話していただきました。
そもそも、「片づけ」の目的とは何でしょう。
部屋をきれいに保つため?安全のため?などなどその理由は人それぞれだと思います。
つまり、「片づけ」とはその人の価値観に合わせた行為なのです。

自分では片付いていると思っていても他人から片付けを催促されたことがあるという人は
要するに自分とその人の片付けの価値観が合っていないということなのです。
山志多さんは人の価値観ではなく、
自分の価値観で判断し時間をかけてゆっくりと片づけることが大切だと教えてくださいました。

後半はあかちゃんの抱える問題について。
実はあかちゃんにも肩こりや腰痛があるらしいです。
それは硬いベッドやうつぶせ寝が原因だと言います。
うつぶせ寝をすることで向き癖がつき、それが体の筋肉のコリや骨格に歪みをもたらす恐れがあるんだそうです。
そんな時はあかちゃんの緊張を解くように優しく身体をトントンと撫でてあげるとあかちゃんも安心し、コリがほぐれるそうです。

最後に子育てにも限りませんが、「スキルの使い方ではなく、心の在り方が大切」と締めくくっていただきました。
片づけに関しても「きれいな状態を保とうと努力する姿を見ると家族も協力してくれる」
「片づけをすることで家族の思いやりにも変化が生まれる」と仰ってました。

どちらも「スキル」ではなく「心の在り方」一つでできることなのかもしれません。しかし、そうできなくなってきた今だからこそ山志多さんのようなスキルを持つ人が必要なのだと感じました。