北九州 まなびとキャンパス"

レポート

北九州まなびとESDステーションでは、まちなかで様々な活動が行われています。
ここでは、それらの活動のレポートを更新していきます。

WeLove小倉夜会 第六十六夜

「音楽は人の心に語りかける癒し」

夜会六十六夜は株式会社佳音の代表取締役をされてます佐藤佳美さんにお越しいただきました。

今回は「音楽とわたし」ということで、これまでの佐藤さんの歩みと音楽との関わり、そして現在されている活動についてのお話でした。

佐藤さんは音楽短大を卒業し、日常の様々なシーンに音楽は必要と考え、株式会社佳音を設立されました。
活動の幅は広く、冠婚葬祭のセレモニー演奏からイベント演奏などのプロデュースや演奏者の派遣を行うとともに、
自らも演奏を行うなど活発に活動をされています。
また独自の視点から開催されている「絵本こんさーと」も佐藤さんの活動の魅力だと感じました。

さらに今回は北九州モノレールでも開催が決まっております「歌声電車」についてもお話していただきました。
開催に至った経緯や当日までのリアルな苦労、そしてやってみての感想などを聞いていると、
聴き手もワクワクするようなお話ばかりでした。
なにより、佐藤さんをはじめとする佳音の皆さんだからこそ、できたんだろうなという気持ちが湧いてきました。
今年は11月15日に北九州モノレールにて「歌声電車」が開催されますので、ぜひご参加ください。
今からワクワクするイベントとなっております。

最後に佐藤さんは「音楽は高尚な人だけのものではなく、もっと色んなシーンに必要だ」と話していただきました。
佳音の経営理念にも表れていました「音楽でまちをつつみこむ」というキーワードは佐藤さんの活動はもちろん、
まちなかを走るモノレールでの歌声電車そのものが象徴的に思えました。