北九州 まなびとキャンパス"

レポート

北九州まなびとESDステーションでは、まちなかで様々な活動が行われています。
ここでは、それらの活動のレポートを更新していきます。

「アナーコット」カンボジア教育支援プロジェクト~近況報告1~

「アナーコット」
カンボジア教育支援プロジェクト
~近況報告1~

みなさま、報告が遅くなり大変申し訳ございません。
4月18日 北九州市立大学にて、2月に実施されたカンボジア・スタディ・ツアーに参加した、田島さん、岩井さん、蓑毛さんによる報告会が行われました。
近況報告1
九州国際大学の学生が実施しているBook to readの支援先であるトゥノールダイ小学校へ赴くと、日本の絵本がたくさんあり、そこにはクメール語の訳が貼られていたそうです。
JVC(国際協力NGO 日本国際ボランティアセンター)が支援している農家を訪問し、畑の周りに柵を作ったところ、おかげで牛による被害がなくなったというお話などをお聞きしたそうです。
JMAS(認定特定非営利活動法人 日本地雷処理を支援する会)にも行き、CJCC(Cambodia-Japan Cooperation Center)の方々にお会いして、お話を聴き、とても印象深かったそうです。
たくさんのカンボジアの子どもたちや人々と触れ合い、貴重な体験をしてきたようです。
発表の中にあった「ボランティアは“してあげる”ということではなく、“いかに今の現地の方々の幸せを壊さずに良い方向へもって行くか”」ということに、とても考えさせられました。

これからの活動にもご期待ください!

西南女学院大学 3年 副嶋美樹