北九州 まなびとキャンパス"

レポート

北九州まなびとESDステーションでは、まちなかで様々な活動が行われています。
ここでは、それらの活動のレポートを更新していきます。

カンボジア支援プロジェクト 近況報告と今後の活動について

「第1回定例会」

9月29日、プロジェクトメンバーである北九州市立大学の湯浅さんと田島くんに、カンボジアの水環境について、プレゼンテーションをしていただきました。
kam001 kam002

貧困から引き起こさせる、劣悪な水事情は、カンボジアの人々を苦しめているようです。また、教育の徹底で格差社会を無くし、すべての人々に学ぶ場を設けることが、カンボジアの明るい未来に繋がるのではないかと感じました。(西南女学院大学 山根)

「次回の定例会」10月22日に行われる予定です!

『テーマ』カンボジアの旅行記と報告
実際にカンボジアに向かったプロジェクトメンバーの岡本佳保さんのプレゼンテーションです。約1週間(9.19~9.25)の滞在を経て、感じたことや新しい発見などについて話していただきます。

「西南女学院大学 大学祭について」10月19・20日

カンボジア支援プロジェクトから、西南女学院大学の大学祭で、胡椒クッキーと胡椒ポップコーンを出店させていただきます。前回のレポートで小倉祇園での活動を報告させていただきましたが、そのときと同様、カンボジア産の胡椒を使用します。その際、英語の本や教材(全て英字)があれば、持って来ていただけると嬉しいです。持って来ていただいた本はカンボジアの学生に寄付したいと思っております。ご協力お願い致します。
みなさまのご来店お待ちしております!!

西南女学院大学 東芦谷 菜々