北九州 まなびとキャンパス"

レポート

北九州まなびとESDステーションでは、まちなかで様々な活動が行われています。
ここでは、それらの活動のレポートを更新していきます。

【レポート】「No Syukatsu. No Life!?」その2

本講座のレポートその2担当の脇 本瞳です。

05

今回、はじめてスタッフとして参加させていただきました。
「生きるように働くとは何か?

を最初に考えました。
五分間ほどの沈黙の中、自分の頭で考え
その後周りの方と3、4人グループになって話し合いました。
「楽しい
、「充実
、「自分の経験が活かせること」等の意見が出ました。
夢がない私にとってこの質問は少し難しく感じ、私はあまり意見を言うことができませんでした。
中村健太さんの紹介が始まり、中村さんの今までの経歴から日本仕事百科、リトルトーキョーのことをお話されました。
それから気づいたことをまた一人で考え、次は違う方とグループになって話し合い、ほとんどの方が「色々なことに挑戦していくことが大事だ」と話し、意見交換に盛り上がりをみせていました。
「もうちょっと時間があればなぁ
とこぼす方もチラホラ。
中村さんの普段のお仕事の紹介から何か気づくことが多かったようです。
その後、中村さんを中心とした円になり質問、意見等をぶつけました。
中村さんと直接お話する機会は滅多にないので、様々な質問が出てきました。
一つ一つの質問に丁寧に時間をかけて答えてくださる姿に感動する方も多かったようです。
折角の機会、私も質問すれば良かったなあと。
しかし、「働く」ということについてあまり考えたことがなかった私は、この講座に参加して「とりあえず何か行動にうつして挑戦する!」ということを学んで持って帰ることができました。
就活を始める前に中村さんのお話を直に聞けて良かったと思います。

(北九州市立大学 地域創生学群 脇本瞳)